エプスタイン・バール・ウイルス

エプスタイン・バール・ウイルス

エプスタイン・バール・ウイルスは
エプスタイン・バール・ウイルス(Epstein-Barr virus)は、ヘルペスウイルスの一種だ。EBウイルスとも呼ばれていて、学名は者ヘルペスウイルス4形態になります。

 

聞いたことが無い名前だと思いますが、物珍しいウイルスではありません。日本では、大人で9割以上が感染やるという認証があります。

 

ほとんどの人が昔に感染行なう。性行為などで唾液において『Bリンパ球』に感染行なう。

 

感染したからといって、病気を引き起こすものではありません。稀にエプスタイン・バール・ウイルスから「伝染性単出所症」という病気を起こすことがあります。

 

エプスタイン・バール・ウイルスがBリンパ球に感染するという、ライフスタイルBリンパ球に潜伏行なう。

 

ですが、通常は体内には耐性がある結果、病気を引き起こすものではありません。

 

但し、Bリンパ球以外に感染してしまうとCAEBV(慢性実施性エプスタイン・バール・ウイルス感染症)を起こすケー。

 

 

Bリンパ球は
リンパ球は白血球の一種になります。リンパ球には3様々あり「Bリンパ球」・「Tリンパ球」・「NK細胞」が存在します。リンパ球の働きは、体内に侵入した異物という戦ってもらえる。

 

主な異変としては3つあります。38ごと以上の発熱・首のリンパ節の浮腫・のどの痛みが起こります。

 

伝染性単出所症を発症すると、早期異変で、頭痛・発熱・寒気などが数日間続いて今日ある。

 

その後は、38ごと以上の発熱が週以上も続いてしまう。安静にしてあることと対症療法をしっかりするため1~3ヶ月で完治します。

 

CAEBV(慢性実施性エプスタイン・バール・ウイルス感染症)は、年間で100個々が発症するという研究認証もあります。

 

CAEBVという病名はあまり知られていませんが、誰にでも発症するケー。

 

 

CAEBV(慢性実施性エプスタイン・バール・ウイルス感染症)は
エプスタイン・バール・ウイルスは基本的にはBリンパ球に感染し、Bリンパ球に潜伏しますが、病気を引き起こすものではありません。

 

ですが、Tリンパ球やNK細胞に感染してしまうと、「CAEBV」の発症原因になります。

 

エプスタイン・バール・ウイルスに感染してしまったTリンパ球やNK細胞が増えてしまい、体内の器官にも広がります。

 

また、CAEBVを発症すると約3割の個々が蚊刺過敏症を併発すると言われています。

 

蚊刺過敏症は、蚊に刺されたところに水疱ができたり行なう。

 

蚊に刺されたため、発熱やリンパ節の浮腫などの異変がみられます。

 

また、異変があらわれない場合もあります。対症療法で改善されることもありますが、検査をしないと何度でも異変が起こってしまう。。

 

最悪のケースでは、心不全や腎不全などの多器官不全を起こしてしまう。悪性リンパ腫や白血病になってしまいこともあり、死に到ることもあります。

 

CAEBVの疑念がある異変だ。一つでも該当する個々はCAEBVの可能性があります。
37ごと以上の発熱が3か月以上繰り返し貫く
首のリンパ節の浮腫が治まらない
蚊に刺されたゾーンが水ぶくれになる

 

CAEBVの疑念がある異変があらわれた場合は、EBウイルス抗体(EBV)や血中頃のエプスタイン・バール・ウイルスのかさを医療行なう。

 

医療数がアンビリーバブルより高い場合は、Tリンパ球かNK細胞のどちらにエプスタイン・バール・ウイルスが感染しているかを医療行なう。

 

 

CAEBVの治療は
CAEBVに感染やる場合はオペレーションを行います。

 

エプスタイン・バール・ウイルスに感染した細胞は腫瘍になるため、CAEBVを治療するには、感染した細胞を一律省く必要があります。

 

いままでは、抗がん剤検査が行われていました。ですが、近年の研究ではCAEBVに抗がん剤が効きづらいといった判明しました。

 

現在では、CAEBVを完治させる可能性がある治療が「造血幹細胞入れ替え」になります。

 

造血幹細胞は、血の元の赤血球・白血球・血小板を生み出す細胞だ。こういう細胞を入れ替えすることを造血幹細胞入れ替えと言います。

 

造血幹細胞入れ替えは、ハードルの大きい治療でしたが、現在では見立ての進展が進んだため成功率のおっきい治療になっています。

 

バルトレックスメインへ